グランエミシス

エミシスだより

グループホームを利用するには 

2020年06月30日

コラム記事

はじめに

障がいを持つ方を支援するサービスは多様です。

その中のひとつでもある障害者グループホームでは、障がい者が自立した地域生活を送れるように、本人の「できること」を尊重しながら、状況や環境に合わせたさまざまな支援を行っています。

これから障害者グループホームを利用したいと考えている方々などの参考になればと思います。

      

利用できる人

障害者総合支援法が定義する「障がい者」に該当する人です。特に、知的障害や統合失調症などの精神障がいのある人の利用が多いとされています。

「身体障がい者」の場合は65歳未満の人、または65歳に達する前日までに障害福祉サービスやこれに準ずるサービスを利用したことがある人に限られます。

障害程度区分2以上の方であっても、共同生活援助を希望する場合は利用が可能です。

ご両親と同居していたが亡くなって一人になってしまった、自立したいが一人暮らしでは不安がある、というような方がグループホームを利用し、支援を受けながら生活を行います。

 

・利用者例

住み慣れた地域で暮らしたいが、一人暮らしに不安があるため、支援を受けながら暮らしたい人

一定の介護を必要とするものの、施設ではなく地域の中で暮らしたい人

就労している人、または就労を目指している人

今まで親と暮らしていたが、将来は自立を目指している人

施設や病院から、地域での暮らしに移行したい人

利用するまでの流れ

(障害者手帳が交付されていることが入居条件になります。障害者手帳は自治体に申請を行わなければなりませんので、事前に障害者手帳の申請を行いましょう。障害者手帳が交付されることで、様々な支援や、費用の援助を受けることができます)

1.入居するグループホームを決める

市区町村の障害保健福祉窓口や、障害福祉サービスの相談支援事業所に問い合わせるなどの方法で、利用してみたいグループホームを探します。

自治体がグループホームの空き状況を公開している場合もあります。

入居可能な定員数に応じて、男性専用、女性専用と入居対象者を定めているグループホームもあります。

あらかじめ電話でグループホームに問い合わせのうえ、見学や体験をしてみることをおススメします。

2.障害福祉サービスの支給申請を行う

グループホームを利用するためには、事前に市区町村による障害支援区分の判定と、サービス利用にかかる給付決定が必要です。

「サービス等利用計画」作成のためのアセスメントや施設の利用契約などを行うため、利用開始まで1~2カ月程度かかることもあります。

3.契約と入居

グループホームと契約を結び、入居日までにグループホームが指定する所定の書類、生活備品類を用意したうえで入居します。
費用のどの部分を実費で支払うのかという点は各グループホームで違うところがありますので、よく確認しましょう。

(ただし1と2の順番が逆の場合もあり)

 

利用時に用意するもの

(例)

• 障害福祉サービス受給者証

• 精神障害者手帳の写し(初回、変更時)

• 内服中の処方箋の写し(内服薬・外用薬・点眼薬など全ての薬)

• 健康保険証の写し(夜間診察受付票)

• 衣類(普段着・下着・靴下・パジャマ・靴など)

• 洗面用具(歯ブラシ・コップ・櫛)

• バスタオル

• スリッパ

• 防炎カーテン

• カーペットを敷く場合は防炎のもの

• 寝具(布団またはベッド等)

• 洗濯物入れのビニール袋等日用品

• その他

 

利用できるサービス

① 食事の提供と介助

障がい者グループホームの多くは、食事を共同生活している全員で行うことになります。

一緒に食事をする楽しさや、食事の中から生まれるコミュニケーションを感じていくことができます。

また障がいの内容によって、食事の介助であったり、嚥下(えんげ)機能(食べ物を飲み込むこと)の程度によって食事内容も変更したりすることが可能となります。

就労を行っている方などはお昼にお弁当であったり、自分で購入して食事をとることが多くなりますが、朝食と夕食は一緒にとったり、障害者グループホームによっては料理を当番制にして支援を受けながら共同で作る場合もあります。

障がいを抱えている方にとって、料理1つを行うにも大きな訓練やリハビリ、自立への一歩になりますので、充実した生活を送ることができます。

 

② 日常生活の介助、見守り

障がいの内容によって、日常生活の介護や介助が必要な場合があります。

衣服の着脱や、階段の登り降りが困難などその人にとって必要なサポートを行っていきます。

 

③ 健康管理や生活に関するアドバイス

日常生活を送っていく中で、健康な生活を行うことは非常に大切です。

ですから、どの障害者グループホームであってもバランスの良い食事を摂るようにし、レクリエーション活動で運動を取り入れていき健康管理を行います。

 

④入浴

入浴は細心の注意を払うと共に、介助が必要な場合はそれを行っていきます。

障害者グループホームの場合、入浴設備も手すりがついていたり寝た状態でも入浴することができたりと障がいを抱えている人にも入りやすい工夫がされていることが多いので、自分で入浴ができる人は見守り、一人で入ることが難しい場合には一緒に入りサポートを行っていきます。

 

⑤ 金銭管理の支援

生活を行っていくためには正しい金銭管理を行っていくことも非常に大切です。障害者グループホームでは世話人と一緒に買い物へ行ったり、就労へ行ったりしている場合には給与の管理のアドバイスを行っていきます。

金銭管理に加えて出納管理も一緒にサポートしながら行ったり、代行する施設が多くなったりします。

 

⑥ 家事のサポート

障害者グループホームは支援やサポートを受ける中で、自立を目指していき、自分でできることの喜びを感じていくことが大きな目的になりますので、できる範囲の家事は一緒に行います。

 

⑦ 就労支援

障害者グループホームでは、実際に働きに出ることで、社会経験や働くことの楽しさ、正しい金銭感覚を学ぶこともサポートしていきます。

障害者グループホームで生活を送りながら、職場に通うことも可能です。

障害者グループホームに入居しながらも、一般企業への就職を目指すために就労移行支援という障害福祉サービスや、それぞれの創作活動を行い、他の地域の人々との交流を行う地域活動支援センターというような、昼間に活動を行う福祉施設に通っている人も大勢います。

 

⑧ 季節行事の実施

多くの障害者グループホームでは季節の行事を大切にしており、四季を感じるためにハイキングやピクニックへ行ったり、クリスマス会、お正月、夏祭りなど様々な行事が予定されたりします。

みんなで一緒に楽しく過ごすという目的以外にも、季節の移り変わりを感じたり、行事にはどういった意味があるのかということも学んだりしていけるように実施されます。

 

⑨ 余暇活動の支援

カラオケやボーリング、屋外でのレクリエーションといった余暇活動も積極的に取り組んでいます。

地域の障害者グループホームと一緒になって、スポーツ大会を催している地域もあり、余暇活動を行うことで、新たな楽しみを見つけて充実した生活を送ることができます。

障がいの程度や内容によって、余暇活動を提案しサポートを行いながら参加できるように世話人やスタッフが支援していきます。

 

⑩ 障がいにより必要な訓練のサポート・実施

同じ障がいを抱えている人であっても、障害の程度や内容は異なります。
例えば、言葉を発する機能が低下しているために上手く話すことができなかったり、嚥下機能の障がいがある方であれば言語聴覚士による訓練を行っていったり、身体障がい者の場合であれば作業療法士や理学療法士によるリハビリを実施している障害者グループホームもあります。

訓練やリハビリを行っていくことで、今までできなかった事ができるようになり、日常生活でのつまずきを減らし自分のできる内容を増やしていくことができます。

 

⑪ 排泄の介助

障がいがある方で排泄行為に支援が必要な場合には、スタッフや世話人がきちんとサポートを行います。

衣服の着脱への介助だけでなく、排泄が難しくおむつの場合であれば交換を行っています。

また、多くの障害者グループホームではトイレ内に手すりがついていたり、広く設計されていたりと自分でも排泄が行いやすくなる工夫が施されている場合もあります。

 

⑫ 緊急時の対応

障害者グループホームでは障害を抱えている人たちが共同生活を行っていきますが、急な容態の変化や事故や怪我といった緊急時には落ち着いて迅速に対応できるようにマニュアルが常備されています。

利用者の容態の変化だけでなく、自然災害などへの対応も定期的に確認、実施、修正を行っていきます。

また、職員は緊急時にどのような役割でどういった対処をすれば良いかや、職員だけでなく利用者も一緒になって避難訓練などを実施していき防犯や防災意識も高めていきます。

まとめ

障がい者の人たちだけではなく、現在、障害者支援をしている、または支援を考えている人たちにとっても、より良い支援や援助ができるように考えられていると言っていいでしょう。
またあらかじめの下調べは重要かもしれません。
グループホームを利用するにあたって、見学や体験などを検討してみると良いかと思います。