グランエミシス

エミシスだより

グループホームと老人ホーム

2021年01月19日

コラム記事

はじめに

施設に入居したいと思ったときグループホームと老人ホームどちらに入ればいいの?
またグループホームと老人ホームは何が違うの?と疑問に思うかもしれません。
そんな方のために今回は老人ホームの種類を含めてそれぞれのホームについて書いていきたいと思います。

施設の種類

高齢者住宅・施設は、「住宅型」と、施設系の「介護型施設」、「福祉型施設」の大きく3つに分けることができます。
さらに運営主体も、地方公共団体、社会福祉法人、医療法人、民間事業者などさまざまです。

一般的に老人ホームは、民間事業者が運営する「民間」と地方公共団体と社会福祉法人などが運営する「公的」とに大別され、入居条件や提供されるサービスが異なります。

①住宅型施設
住宅の契約がメインの高齢者向けに建設された建物です。住宅によっては生活支援込みのものもありますが、基本的には入居後、必要に応じて個別に生活支援や介護サービスを外部で契約する必要があります。

・施設系
住宅とサービスが一体になった施設。受けられるサービスは、生活支援を中心に介護サービスなど施設によってさまざまです。施設系の高齢者施設は、さらに介護型施設と福祉型施設に分けられます。

②介護型施設
いずれも要介護認定(※受け入れ可能な要介護度合いは施設によって異なります)を受けた介護度合いの高い方が対象で、介護保険施設と呼ばれます。介護保険の利用が可能です。

③福祉型施設
福祉を目的としており、施設によって異なりますが、自立、要支援、要介護、と幅広く高齢者を受け入れています。

この中でも介護型と福祉型の施設についてより詳しく見ていきます。

介護型

特別養護老人ホーム(公的施設)

特別養護老人ホームは、特養とも呼ばれ、自宅での生活が困難な方の入居が多いです。入居基準の介護度合いが高く、周りに介護できる方がいるかどうかも入居の条件として重視されます。終身に渡っての入居が可能です。

部屋の種類にはユニット個室の新型と、4人部屋の多床型である旧型があり、それぞれに目安の費用が異なります。

入居基準
・原則、要介護3以上で65歳以上の高齢者
・特定疾病のある40歳以上64歳以下の要介護3以上の方
サービス 介護、食事、生活支援、アクティビティなど(※施設により多少差がある)

費用
・入居一時金は原則不要
・月額費用の目安 新型は15~22万円、旧型は5~16万円
(※具体的な金額は施設で異なります。)

福祉型

ケアハウス(公的施設)

ケアハウスは、軽費老人ホームともいい、食事提供のあるA型、自炊をするB型、食事と生活支援どちらのサービスも受けられるC型の3種があります。A型とB型の新設ができなくなったことから、C型が増え、C型のことを特にケアハウスと呼ぶこともあります。

ケアハウスには、自立を目的とした一般型、介護を目的とした介護型があり、提供されるサービスや入居基準は型によってさまざまです。部屋タイプも旧型と新型がありますが、基本的にはトイレやキッチンなどが揃った個室の新型が多いです。

入居基準
・A型とB型は60歳以上で月の所得34万円未満の方
・C型の一般型は60歳以上の方、介護型は65歳以上で要介護の方

サービス
・一般型は食事や生活支援
・介護型は自立型サービス、介護、アクティビティ、健康管理
(※施設により多少差がある)

費用
・入居一時金は0~数百万円
・月額費用の目安 10~30万円
(※一括払い可能な施設有、具体的な金額は施設で異なります。)

有料老人ホーム(民間施設)

有料老人ホームは、自立から要介護まで幅広い方を対象にした介護施設です(施設によって対象者は異なります)。介護付、住宅型、健康型の3つの種類※があります。介護付き、ケア付きといった表示は、「特定施設入居者生活介護」の認定を受けていないとできません。

入居基準
・介護付と住宅型は60歳以上で自立や要介護、要支援などさまざま
(施設によって異なり、混合型も有)
・健康型は自立した60歳以上の方

サービス
・介護付は介護、食事、生活支援、アクティビティ、健康管理
・住宅型は食事、生活支援、アクティビティ、健康管理
・健康型は食事、生活支援、アクティビティ
(※施設により多少差がある)

費用
・入居一時金は0~数千万円
・月額費用の目安 15~30万円
(※具体的な金額は施設で異なります。)

グループホーム(民間施設)

グループホームは、認知症を発症した高齢者の受け入れに特化した介護施設であり、地域密着型のサービスです。利用は、住民票のある施設に限られます。
施設では共同生活を送ることになり、5~9人で1ユニット(最大9人)を組み、家事などを分担して生活します。ここに、介護スタッフが付く形です。
共同生活が基本で自立している必要があるため、医療ケアは実施されず、認知症の症状が進むと退去が必要なこともあります。

入居基準
・要支援2以上の(認定を受けた)65歳以上の高齢者、かつ認知症を発症している方
・施設の住所がある市町村に住民票があること

サービス
・介護、食事、生活支援、アクティビティ(※施設により多少差がある)

費用
・入居一時金は0~50万円
・月額費用の目安 12~25万円
(※具体的な金額は施設で異なります。)

有料老人ホームとグループホームの違い

有料老人ホームとグループホームの比較

提供されるサービスの違い

費用の違い

※施設により異なる

※グループホームの例は、別施設です。

それぞれのメリット・デメリット

グループホームと老人ホームのメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。

まとめ

老人ホーム、グループホームともに一長一短ありますね。
入居する方の健康状態やどのような目的で入るかなど状況をよく見極めて決めた方がいいでしょう。