グランエミシス

エミシスだより

グループホームの一日

2021年02月05日

コラム記事

はじめに

グループホームでは、実際どのような生活を送っているのでしょうか。
具体例を通して、グループホームの大まかなスケジュールを見ながら、ぜひ参考にしてみてください。

共同生活援助の場合(障がい者の方)

▽支援、設備等

居宅に近い環境の中で入居者が自立を目指し、日常生活を営むことができるように共同生活において、食事の提供や相談、その他の必要な日常支援が行われます。

居住スペースは健康的な生活を送る上で重要な要素の一つです。

一人だけの時間を楽しく過ごすことのできる個室(数人の場合あり)や、入居者同士が顔を合わせ、団らんのひと時を楽しむ食卓、緑に囲まれた庭など、広々と開放的な居住空間を利用しつつ、毎日の快適な生活が支援されます。

☆一日の流れの具体例(共同生活援助)

 

認知症対応型共同生活介護の場合(高齢者の方)

▽介護、看護

介護スタッフが往診医・病院・看護師・薬剤師と連携し、家庭的な環境の中、24時間体制で支え、自分らしい生活を実現します。
認知症専門の経験豊富なスタッフが、一人ひとりに合わせたプランに沿ってサポートします。

▽食事

提供される食事は、その日に調理したものが提供されます。
利用者に季節の移ろいを感じてもらうため、イベントの開催や食事を提供します。また、食べるための咀嚼や嚥下機能の観察も行います。

▽生活リハビリ

「着替えが自分でできるようになりたい」「歩いて買い物にいきたい」等、自分のできる範囲での目標を持って生活します。
日常生活の中で困難なことはスタッフがサポートしますが、食事や掃除等、「役割」をもってもらい生活リハビリを行います。
できることを生きがいにつなげるケアを目指します。

▽快適な住空間

ゆったりとくつろげる共有スペースが所々にあり、家庭的で安全な環境を提供します。
一人での空間はスッキリと使い勝手のよいワンルームタイプの居室等でエアコン、クローゼット、ベッド等の設備*を整えています。

※設備はホームにより一部異なる場合があります。

☆一日の流れの具体例(認知症対応型共同生活介護)

 

利用者やその家族から寄せられている声

要介護の認知症を患った高齢者が、グループホームという場で共同生活を送ることで、他者との接触が良い刺激になります。

認知症の進行を和らげることも目的の一つですが、なかには自立した生活が徐々にできるように認知症の症状が改善された入居者もいます。

施設の運営方針、スタッフの対応、入居者同士の交流などがうまく絡み合えば、認知症の緩和にもつながることが、実際の声からよくわかります。

 

グループホームの悪い点であがったのは、「入居者同士のトラブル」「スタッフの質」「プライバシー」に関するものがほとんどでした。

入居者やスタッフとの人間関係は、グループホームだけではなく、どの老人ホームや介護施設でも共通するものですが、グループホームで特に多かったのが、入居者個人のプライバシーに関する声でした。

ホームの特性上、どうしても入居者のプライバシーが守れない環境にあるのは仕方ないことですが、それでも最低限の個々人のプライバシーは守られることを、多くの人は望んでいます。

そして、こんな声もありました。

「本人にとって幸せか疑問に思う(51歳)」。

ご家族の複雑な心境が垣間見えます。

まとめ

認知症の進行等により、外出の機会が減少する高齢者や障がい者もいます。外の世界との関係性が閉ざされることで、病状や認知症はより進行する傾向にあります。

グループホームは、数名の障がい者や高齢者が共同生活する施設です。

他の入居者との交流や、ホーム職員との日常交流、あるいは、日常生活での自立支援などにより、病状の進行を和らげる効果は、自宅介護に比べて高くなっています。

その反面、個人のプライバシーへの配慮が欠けていたり、ときには他の入居者とのトラブルがあったりするというデメリットもあります。

このように、メリットとデメリットを見極めた上で、入居の検討を行った方がいいでしょう。そのようなときの判断材料のひとつとして、利用者の声が役立ちます。

ここで取り上げた一日のスケジュールは施設により多少異なりますが、グループホームが目指している目標は大体同じだと思います。

各自置かれている状況に応じて、無理のないプランが立てられ支援がされていきます。
グループホームの特性をよく考慮し、自分に実際合うかどうかを検討してみてください。