グランエミシス

エミシスだより

グループホームの種類

2020年05月26日

コラム記事

はじめに

グループホームと一口に言っても、障がい者が利用するものや、高齢者が利用するものがあります。

 

 

共同生活援助(グループホーム)

障がいのある人が、日常生活上の介護や支援を受けながら共同生活を営む住居のことです。

グループホームで暮らす人に対し、入浴、食事などの介護や生活相談、その他の日常生活上の支援を提供するサービスは「共同生活援助」と呼ばれ、障害者総合支援法が定める「障害福祉サービス」のひとつです。

この共同生活援助のことを通称としてグループホームと呼びます。

 

入居条件の違い

障害者総合支援法が定義する「障がい者」に該当する人です。
特に、知的障害や、統合失調症などの「精神障害」のある人の利用が多いとされています。

「身体障がい者」の場合は、65歳未満の人、または、65歳に達する前日までに障害福祉サービスやこれに準ずるサービスを利用したことがある人に限られます。

障害者グループホームは自立を目指す福祉施設ですので、支援やサポートがあれば自分で生活を送ることができる人が対象になります。

具体的な利用者のイメージ

 

  • 単身での生活は不安があるため、一定の支援を受けながら、地域の中で暮らしたい。
  • 病院を退院、または、施設を退所して、地域生活へ移行したいが、いきなりの単身生活には不安がある。
  • 一定の介護が必要であるが、施設ではなく、地域の中で暮らしたい。
  • 知的障がい者
  • 身体障がい者
  • 精神障がい者
  • 難病患者

それぞれの障害者グループホームによって、対象となる障がいは異なります。
障害者手帳に加えて、障害支援区分の1~6に認定されていることも条件となります。

重度心身障がい者の方の場合は利用する施設限られており、日中活動サービス支援型グループホームになります。

それぞれの障害者グループホームによって、対象となる障がいは異なりますので、ケアマネージャーや市区町村の相談員に問い合わせして、対象の障がいに含まれているかを確認しておくことが大切です。

 

内容

一施設あたりの入居者は、新築の場合2名~10名、既存の場合は2名~20名まで入居することができます。

グループホームには各利用者の個室のほかにも、相互に交流するための共同の居間や浴室、食堂など(ユニット)があり、プライバシーを守りつつも共同生活の基礎を学びながら生活を送ることができます。

グループホームごとに異なりますが、食事の提供または食事づくりの支援、健康管理や金銭管理の支援、緊急時の対応や日常にまつわる相談へのアドバイスなどが提供され、入居者同士が交流できる行事なども企画されます。

 

受けられるサービスの違い

  • 介護サービス包括型
    主に夜間や休日において介護が必要な人のためのグループホームで、生活支援員や世話人が食事や入浴、排せつなどの介護サービスを提供します。
  • 外部サービス利用型
    主に夜間や休日に相談や家事といった日常生活上の援助を提供します。また、入浴などの介護は事業所が委託契約を結んだ介護事業者が行います。
  • 日中活動サービス支援型
    24時間の支援体制、もしくは短期入所施設の併設によって、日常生活の支援や相談、介護など幅広いサービスを提供します。

 

スタッフの違い

グループホームの業務全体の管理を行う「管理者」と、入居者との面談に基づき個別支援計画の作成などを行う「サービス管理責任者」がいます。

また家事や健康管理、金銭管理などのサポートを行う専任スタッフ「世話人」、生活相談や入浴などをサポートする「生活支援員」がいるグループホームもあります。

 

費用の違い

年収       負担上限額
~300万の方        0円
300万~の方      37200円

 

入居期限の違い

原則として入居期限は設けられていませんが、グループホームによっては利用期間を定めており、期間終了時に更新が可能な場合もあります。
また自治体によっては、精神疾患のある人を対象とするグループホームが、入居期間の制限がない「滞在型」と、一人暮らしへの移行の場と位置づけられ原則として3年間を利用期限とする「通過型」の2種類に分かれている場合があります。

 

一日の流れの具体例(共同生活援助)

午前
6:30~ 起床・洗面
7:00~ 配膳
8:00~ 朝食
8:30~ 歯磨き・棟内清掃
9:00~16:00 各日中サービスを利用(就労支援など)

午後
16:00~ 入浴・洗濯・部屋片付け
18:00~ 配膳
18:30~ 夕食
19:00~ 歯磨き
19:30~ 余暇
21:00~ 就寝

 

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

介護保険制度にも高齢者を対象とする「グループホーム」があります。

(老人福祉法第5条の26項)

 

入居条件の違い

認知症グループホームは「認知症対応型共同生活介護」として介護保険上に位置付けられ、認知症の人へ少人数(5人から9人)を単位とした共同住居の形態でケアを提供しています。
グループホームに入居するには、65歳以上、要支援2または要介護1以上の認知症患者である必要があります。
また、地域密着型サービスであることから、施設と同一地域内の住居と住民票があることが求められます。

 

内容

認知症グループホームのケアは、認知症の人を生活の主体者としてとらえ、個々の生活を重視して、残された能力を最大限に発揮できるような環境を提供し、楽しみや潤いのある普通の生活を送ることができるように支援することを何よりも優先しています。

家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活行為を利用者やスタッフが共同で行うことにより、認知症状が穏やかになり、安定した生活と本人の望む生活を実現することができます。

 

受けられるサービスの違い

介護サービス(食事、入浴、排泄などの介助、機能訓練、通院の付き添い、安否確認、緊急時対応など)、食事サービス、生活支援サービス(居室の掃除・洗濯・買い物など)、アクティビティ(イベントの実施、趣味や体操など)、近隣医療機関との提携など。

 

スタッフの違い

管理者として3年以上の認知症介護経験を有する専従・常勤の者1名、また、介護計画の作成担当者(1名以上はケアマネジャー)の配置が義務付けられています。
管理者は計画作成担当者との兼務も可能です。
介護スタッフは、常勤換算して利用者3名に対し1名以上の配置が必要(24時間常駐、夜間は常時1名以上)です。
医療・看護スタッフの配置は義務ではありませんが、近年需要が高まっていることから、施設によっては配置していることもあります。
そのほか、施設の代表者は、施設従業者かホームヘルパー3年以上の経験者、もしくは保健医療福祉サービス事業の経営経験のあることが求められます。

 

費用の違い

初期費用は保証金や入居金などの名目で 0~100万円程度となります。
月額費用はおおよそ15万円~20万円程度で、内訳として家賃や管理費などの居住費、食費、介護サービス費などが挙げられます。

 

一日の流れの具体例(認知症対応型共同生活介護)

午前
7:00~  起床(着替えの介助)
8:00~  朝食(食堂にてお食事)
9:00~  掃除・洗濯(家事援助を受けながら、できるところはご自身で)
10:00~  皆でお茶(グループホームの仲間と一緒に)

午後
11:30~ 昼食(買い物サポート。食材は近くのお店まで買い物へ)
13:00~ 健康チェック(往診の先生による健康管理)
13:30~ 趣味活動・機能訓練・体操(生活リハビリを中心とした機能訓練やレクリエーション)
15:00~ ティータイム(お部屋でご家族からのお土産のお菓子)
16:30~ 入浴(入浴介助を受けながらゆったり入浴)
18:00~ 夕食(皆でおしゃべりしながら楽しく夕食)
19:30~ 休憩タイム(お茶を飲みながらテレビを見てゆっくり)
21:00~ 就寝(着替え介助の後、就寝)

 

入居期限の違い

介護が必要になっても、施設を変わることなく、住み続けることができます。
ただし、症状が悪化して集団生活ができなくなると退去しなければならなくなることがあります。

 

まとめ

このように、障がい者にとっても高齢者にとっても、利用の仕方や制度的には多少の違いはありますが、目指すところはどちらも同じで、それぞれ利用する方がより自分らしく、できるだけ自由に、自立して生きられるように手助けすることです。
グループホームの目指す考えの根底には、ひとりの人間としての尊厳が守られることがあるのです。